• Home
  • シーク教徒の信仰に関するよくある質問

シーク教徒の信仰に関するよくある質問

ターバンの意義

ターバンの精神的な意義を理解するためには、シク教徒の歴史と哲学を理解する必要があります。

シーク教徒は、シーク教徒の教え、哲学、実践に反映されている性別、人種、宗教などの理由で人々の差別的扱いに激しく反対しています。 彼らは(社会階層のカースト制度のような)階級の区別の廃止を信じ、人種、信条、性別、民族性、信念、伝統またはライフスタイルのような区別に基づいて個人の迫害を非難する。 シーク教徒の聖書は、シーク教徒が信じている平等の原則の多くを示しているという点で普遍的にユニークなままです。 女性は女性の声で書かれた多くの場所にあり、母と父の両方と呼ばれる神への信念を反映しているシーク教の経典で重要な役割を与えられています。

教祖ナナク(1469-1539)は、勤勉、家族、コミュニティサービス、虐げられた人々の防衛を通じて、人々に神の存在を感じるよう促しました。 彼の哲学の礎石は、16世紀のインドで重大な差別に直面した女性の解放でした。

グルナナクが住んでいた社会では、女性は男性よりも高い社会的地位を保持していた男性に対する謙虚さと尊敬の印として、男性の前に顔を覆うことが求められていた。 グルナナクはこの伝統を拒否し、神が男性と女性を平等に創造したので、女性は男性の前に顔を覆う必要はないと述べました。 シーク教徒の男性と女性の両方が神の前に尊敬と謙虚さのマークとして頭を覆うように命じられ、そうすることでシーク教徒の信仰は、男性と女性の両方の基本的な平等を強化しました。

グル-ナナクの時代から、ターバンはシーク教徒の外見上のアイデンティティと同義となり、男女平等、謙虚さ、神の覇権に対するシーク教徒の信念を支持し続けてきた。

何世紀にもわたって、シーク教徒のコミュニティはグルナナクの九人の後継者のリーダーシップの下で発展し、繁栄しました。 これは、1699年に第10代グル、グル-ゴビンド-シンによってシーク教徒の信仰における現在の開始式の作成で最高潮に達しました。 上で概説した哲学的な理由と、剃っていない髪(グル-ゴビンド-シンによって義務付けられた五つの信仰箇条の一つ)を覆う追加の実用的な理由のために、ターバンの着用はシーク教徒のアイデンティティと神聖な信仰箇条の不可欠な構成要素である。

ターバンの着用

シーク教徒を練習するためには、ターバンは彼らのアイデンティティに不可欠であり、それを取り除くことは考えられません。 ターバンは、上記のように精神的な機能を果たすだけでなく、(すなわち。 男女平等、謙虚さ、神の覇権におけるシーク教徒の信念を反映するために)だけでなく、カバーし、所定の位置にシーク教徒の切られていない髪を維持する実用的な機能を提供しています。

ターバンは宗教的なシンボルではなく、信仰の記事です。 十字架や他の宝石のようなアイテムはオプションですが、ターバンは必須であり、削除することはできません。 シンボルは、単に実際のオブジェクトの表現です。 ターバンは宗教的意義を持っていますが、それは単なるシンボル以上のものです。 シーク教徒のアイデンティティは、ターバンの着用に反映されています。

ターバンは帽子のようなものではなく、単に着たり脱いだりすることはできません。 それは毎日慎重に結ばれています。 それは観察的なシーク教徒によって屋内と屋外で常に着用されています。 ターバンには様々なスタイルとサイズがあります。 若い子供たちは、しばしば頭の上に結ばれた正方形の布であるパッカを着用します。 自宅や睡眠のために、より大きなターバンの代わりに、より小さなターバンまたはケスキが着用される。 個人的な好みによって、着用者はターバンのための異なった色か生地を選ぶ。

縮れた髪をしているシク教徒がターバンで覆わないことは考えられない。

ターバンはシーク教徒のアイデンティティの不可欠な部分であるため、それなしで残ることを余儀なくされることは、シーク教徒に彼らの信念に完全に反する何かをするように頼むことに等しい。 シーク教徒は神がどこにでもいると信じており、神への敬意の印として、そして男性と女性の平等に対する謙虚さと信念を反映して、シーク教徒はどこにでもターバンを着用しています。

個人が服を脱がなければならないことに非常に恥ずかしいのと同じように、シーク教徒はターバンを取り除かなければならないことに同様の屈辱を感じるだろう。 警察やカナダ国境警備局などのカナダ全土の機関は、ターバンの除去をストリップ検索に等しいものとしています。

ターバンとシーク教徒の信仰

シーク教徒の信仰とは何ですか?

シーク教徒の信仰は世界で5番目に大きい宗教であり、世界中で2200万人以上の支持者がいる。 ケベック州には約10,000のシーク教徒がいます。 シーク教徒の信仰は、グルナナク、10シーク教徒の教祖の最初のによって、1469年に設立された一神教の宗教です。 “シーク教徒”という言葉は学生を意味し、シーク教徒は教祖の学生または弟子です。 シーク教徒の信仰は、性別、階級、人種、信仰にかかわらず、単一の神への信念とすべての人の平等を基礎としています。

教祖ナナクによる宗教の確立後、宗教は200年以上の進化の期間を経て、その結果、彼らの信仰箇条によって識別可能な明確に異なる弟子のグループが作

シーク教徒の信仰の三つの基本的なルールは、常に神を覚え、正直な手段によって生計を立て、この人生とその資源を他の人と分かち合うことです。

シーク教徒が生きており、シーク教徒の信仰の価値を体現していることが重要であり、それは信念の外部の現れを不可欠にしています。 シーク教徒の信仰は、本質的に仕事、宗教的実践と慈善の生活の理想と、人生のメッセージのキャリアです。 シーク教徒のアイデンティティは、このパスに着手した個人を認識するための実用的かつ目に見える方法です。 したがって、シーク教徒が着用する信仰の記事は、シーク教徒のアイデンティティに固有のものです。

ターバンの意味

ターバンの精神的な意味を理解するためには、シーク教徒の歴史と哲学を理解する必要があります。

シーク教徒は、シーク教徒の教え、哲学、習慣に反映されている性別、人種、宗教などの理由で人々の扱いの違いに激しく反対しています。 彼らは階級の区別(カーストの社会階層のシステムなど)の廃止を信じ、人種、信条、性別、民族性、伝統または生き方の違いに基づいて個人の迫害を非難する。 彼らはシーク教徒が信じている平等の原則の多くを説明するようにシーク教徒の聖書は、普遍的にユニークなまま。 女性は女性の声で書かれ、母と父として言及されている神への信念を反映し、多くのセクションであるシーク教の聖書で非常に重要な役割を与えられ

グル-ナナク(1469-1539)は、勤勉、家族、ボランティア活動、抑圧された人々の防衛を通じて、人々に神の存在を感じるよう促します。 彼女の哲学の礎石は、16世紀にインドで大きな差別に直面した女性の解放でした。

教祖ナナクが住んでいた社会では、女性は女性よりも高い社会的地位を保持していた男性に対する謙虚さと尊敬の印として、男性の前で顔を覆うことを余儀なくされた。 グルナナクはこの伝統を拒否し、神が男性と女性を平等に創造したので、女性は男性の前で顔を覆うことを余儀なくされるべきではないことを示 したがって、シーク教徒の男性と女性は、神の前で尊敬と謙虚さの兆候として頭を覆うように招待され、このようにシーク教徒の信仰は、男性と女性の基本的な平等を強化しました。

グル-ナナクの時代以来、ターバンはシーク教徒の外部的アイデンティティと同義となり、男女平等、謙虚さ、神の覇権に関するシーク教徒の信念を支持し続けてきた。

何世紀にもわたって、シーク教徒のコミュニティはグル-ナナクの九人の後継者のリーダーシップの下で発展し、栄えてきました。 これにより、1699年に第10代グル-ゴビンド-シングによって現在のシーク教徒の信仰への開始式が確立された。 上で説明した哲学的な理由、さらには長い髪(グル-ゴビンド-シンによって義務付けられた五つの信仰箇条の一つ)をカバーする実用的な理由のために、ターバンを身に着けていることはシーク教徒のアイデンティティと信仰の神聖な記事の不可欠な部分である。

ターバンを身に着けている

シーク教徒を練習するためには、ターバンは彼らのアイデンティティに不可欠であり、それを取り除くことは考えられません。 ターバンは、上記のように精神的な機能だけでなく、(例えば、男女平等、謙虚さと神の覇権のシーク教徒の信念を反映するために)、だけでなく、シーク教徒の切られていない髪をカバーし、所定の位置に保持する実用的な機能を提供しています。

ターバンは宗教的なシンボルではなく、信仰の記事です。 十字架や他の宝石のようなアイテムはオプションですが、ターバンは必須であり、削除することはできません。 シンボルは、単に実際のオブジェクトの表現です。 ターバンは宗教的な意味を持っていますが、それはシンボル以上のものです。 シク教徒のアイデンティティは、ターバンの着用に反映されています。

ターバンは帽子ではなく、単に帽子をかぶって取り外すことはできないからです。 毎日丁寧に巻かれています。 それは内側と外側の両方のシーク教徒を練習することによって常に着用されています。 自宅や睡眠のために、大きなものの代わりに小さなターバンやケスキが着用されます。

髪を長くしているシク教徒がターバンでそれを覆わないことは考えられない。

ターバンはシーク教徒のアイデンティティの不可欠な部分であるため、それなしで滞在することを強制することは、シーク教徒に彼らの信念に完全に反 シーク教徒は神がどこにでもいると信じており、神への敬意と男性と女性の平等に対する謙虚さと信念の反映として、シーク教徒は常にターバンを着用しています。

個人が服を脱がなければならないことが非常に恥ずかしいのと同じように、シーク教徒はターバンを取り除かなければならないことによって同じレベルの屈辱を感じるだろう。 警察やカナダ国境サービス庁などのカナダ全土の組織は、ターバンを取り除くことは(裸の)身体検索に相当すると主張しています。